CHANEL


概要

シャネル(CHANEL)は、1910年にスタートしたフランスの老舗ラグジュアリーブランド。ツイードのシャネルスーツや大きなパールを使ったアクセサリーなどがブランドのアイコン。パリのグランパレで開催するプレタポルテコレクションでは、毎シーズン手の込んだ会場作りが話題となっている。

1971年から2019年2月まで、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)がデザイナーを務めていたが、2019年2月19日に死去。

現在日本では、シャネル合弁会社が15の直営店を運営している。

歴史

シャネル(CHANEL)は、1910年にココ・シャネルが開いた帽子店からスタートしたブランド。1916年にオートクチュールを発表し、1920年代から30年代のパリを代表するコレクションブランドとなった。

1983年から2019年2月までの長きに渡り、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)がクリエイティブディレクターを務めた。

ラガーフェルドは裕福な実業家の長男として、ドイツ・ハンブルクに生まれた。1954年に国際ウール事務局(現ザ・ウールマーク・カンパニー)のコンテストのコート部門で1等を受賞した。これを機に「ピエール・バルマン(PIERRE BALMAIN)」「ジャン・パトゥー(Jean Patou)」「クロエ(Chloe)」でキャリアを積み、1965年「フェンディ(FENDI)」に入社した。

1983年にシャネルのクリエイティブディレクターに就任したが、当時、ブランド創業時のデザイナー以外がディレクションするという前例は無かったことから、今ではメジャーとなった老舗ブランドのリブランディングの原型を作った事象となった。

1984年には自身の名を冠したブランド「カール・ラガーフェルド(KARL LAGERFELD)」を創設。1991年にはクロエにも再任した。

デザイナーの交代が常のファッション界で、シャネルとフェンディでの在任年数は異例で2017年のイベントでは、「呼吸するようにシャネルとフェンディのコレクションを描いている。私の信念は『ノーセカンドオプション』。デザイナーにためらいは禁物だ」と仕事の流儀を語った。

死去直後に行われた2019-20秋冬パリコレクションでは、カール・ラガーフェルドの往年のミューズだった多くのモデルたちが駆けつけてモデルやゲストとして登場した。黙祷(もくとう)のあと、ラガーフェルドがシャネルのデザイナーを打診されたときのエピソードが流され、フィナーレでは涙を流すモデルもいた。

(2019年3月現在)

CHANELのブランド情報

カテゴリーデザイナー・コレクション
フランス
URLhttps://www.chanel.com/ja_JP/

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

CHANELに関連する記事

Medium fotojet  84

22年春夏パリ・コレクション レトロなムードでボディー強調

2021/10/08

 22年春夏パリ・コレクションは終盤、ビッグブランドのショーが相次いだ。ブランドのオリジンを背景に、今の時代に焦点を合わせていく。そんなクリエイションが目立つ。【関連記事】22年春夏パリ・コレクション ファッション...



仏オートクチュール連盟 新興ブランド支援指針を発表

2021/10/01

 【パリ=松井孝予通信員】パリ・ファッションウィーク(PFW)を主催する仏オートクチュール&モード連盟(FHCM)は、FHCMメンバー新興ブランド支援の指針を発表した。FHCMは19年に13企業をパートナーに、無償...



Medium colpierrot

「コルピエロ」が新ライン、自社ECで発売 空気感がシャープな服を

2021/08/23

 「コルピエロ」のエッセンシャルライン「コルピエロ・ドットコム」の販売が8月、自社ECで始まった。デザイナーは「シャネル」「バレンシアガ」などで経験を積んだ奥田文子。伊勢丹やエストネーションなどでダブルネームの服を...



Medium fotojet

《小笠原拓郎の目》22年春夏欧州メンズコレ コロナ後を見据えて新しい美を探る必要性

2021/08/11

 22年春夏メンズコレクションとメンズの展示会がほぼ一巡した。コロナ禍で1年以上にわたり、フィジカル(リアル)のファッションショーが困難になり、コレクションの立ち位置も変わった。デジタル中心のショーは、ビジネスを背...



Medium %e5%b0%8a%e6%95%ac%e3%81%99%e3%82%8b%e6%a5%ad%e7%95%8c%e4%ba%ba%e3%81%af

服飾系専門学校生の意識調査 尊敬する業界人1位は山本耀司

2021/08/02

 繊研新聞社が服飾系専門学校の学生を対象に行った「ファッション意識調査」(回答数1732人)で、「尊敬するファッション業界人」について聞いたところ、山本耀司氏が初の1位となった。デザイナーで順位を上げた人が目立つほ...



Medium fotojet%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

【マスイユウのYUラブメンズFW】帰ってきたメンズスナップ!

2021/07/27

 この感覚はなんだろうか。昨年9月、レディスコレクション以来の臨場感。もはやファッションウィークはスナップなしには語れない。フィジカルがなかった数カ月の間くすぶっていた〝ストリートスタイル(スナップ)〟のフォトグラ...



Medium fotojet

ハイジュエリーコレクション ジェンダーフリー、ライフスタイルの変化を反映

2021/07/20

 パリ・オートクチュールウィークに合わせ、ジュエリーメゾンがハイジュエリーコレクションを発表した。貴石から始まる伝統的プロセスの逆を行く、デザインやイノベーションから発展させるクリエイションがより強まってきた。世代...



Medium %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab2

香水「シャネルN°5」 100周年で限定プロダクト

2021/07/19

 香水「シャネルN°5」の誕生100周年を祝う「シャネルファクトリー5」の発売を記念したポップアップイベントが、パリ3区エスパス・コミンヌで開かれた。会期中は長蛇の列で盛況だった。 ビュレット(油差し)に入ったボデ...



Medium fotojet

21年秋冬オートクチュール 50回目に未来への意志=バレンシアガ

2021/07/14

 21年秋冬オートクチュールは、話題のブランドに注目が集まった。クチュールを再開した「バレンシアガ」や、「サカイ」の阿部千登勢がデザインする「ジャンポール・ゴルチエ」といったコレクションだ。ブランドの伝統や歴史、シ...



Medium chanel1

21年秋冬オートクチュール 印象派の絵画のように=シャネル

2021/07/13

 21年秋冬オートクチュールは、デジタルを軸にしながらフィジカルが入り交じる形での開催となった。観客を入れたファッションショーの再開に未来に向けてのポジティブな再出発を感じながらも、招待客の圧倒的な絞り込みによって...



Medium %e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

パリ ランドマークのルネサンス(松井孝予)

2021/07/02

ボンジュール、パリ通信員の松井孝予です。都市封鎖緩もほぼ全面解除、のパリとなりました。ながーい、ながーい間閉鎖されていた、レストラン、シネマ、美術館は大繁盛。そしてついに、パリのランドマークに隠されていた名所が長い...



Medium jaspa %e8%a8%bc%e6%9b%b8%e3%81%a8%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b8%e3%81%ae%e6%8e%88%e4%b8%8e

JASPA セールスプロフェッショナル資格の授与式を開催

2021/07/01

 日本プロフェッショナル販売員協会(JASPA)は、販売力を評価する基準となる「JASPAセールスプロフェッショナル資格」制度の第1回合格者を決定し、6月29日に同資格の授与式をオンラインで開催した。第1回の合格者...



Btn gotop