CHANEL


概要

シャネル(CHANEL)は、1910年にスタートしたフランスの老舗ラグジュアリーブランド。ツイードのシャネルスーツや大きなパールを使ったアクセサリーなどがブランドのアイコン。パリのグランパレで開催するプレタポルテコレクションでは、毎シーズン手の込んだ会場作りが話題となっている。

1971年から2019年2月まで、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)がデザイナーを務めていたが、2019年2月19日に死去。

現在日本では、シャネル合弁会社が15の直営店を運営している。

歴史

シャネル(CHANEL)は、1910年にココ・シャネルが開いた帽子店からスタートしたブランド。1916年にオートクチュールを発表し、1920年代から30年代のパリを代表するコレクションブランドとなった。

1983年から2019年2月までの長きに渡り、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)がクリエイティブディレクターを務めた。

ラガーフェルドは裕福な実業家の長男として、ドイツ・ハンブルクに生まれた。1954年に国際ウール事務局(現ザ・ウールマーク・カンパニー)のコンテストのコート部門で1等を受賞した。これを機に「ピエール・バルマン(PIERRE BALMAIN)」「ジャン・パトゥー(Jean Patou)」「クロエ(Chloe)」でキャリアを積み、1965年「フェンディ(FENDI)」に入社した。

1983年にシャネルのクリエイティブディレクターに就任したが、当時、ブランド創業時のデザイナー以外がディレクションするという前例は無かったことから、今ではメジャーとなった老舗ブランドのリブランディングの原型を作った事象となった。

1984年には自身の名を冠したブランド「カール・ラガーフェルド(KARL LAGERFELD)」を創設。1991年にはクロエにも再任した。

デザイナーの交代が常のファッション界で、シャネルとフェンディでの在任年数は異例で2017年のイベントでは、「呼吸するようにシャネルとフェンディのコレクションを描いている。私の信念は『ノーセカンドオプション』。デザイナーにためらいは禁物だ」と仕事の流儀を語った。

死去直後に行われた2019-20秋冬パリコレクションでは、カール・ラガーフェルドの往年のミューズだった多くのモデルたちが駆けつけてモデルやゲストとして登場した。黙祷(もくとう)のあと、ラガーフェルドがシャネルのデザイナーを打診されたときのエピソードが流され、フィナーレでは涙を流すモデルもいた。

(2019年3月現在)

CHANELのブランド情報

カテゴリーデザイナー・コレクション
フランス
URLhttps://www.chanel.com/ja_JP/

CHANELに関連する記事

24~25年秋冬パリ・オートクチュール メゾンが持つ手仕事の原形の力

2024/07/01

 【パリ=小笠原拓郎】24~25年秋冬パリ・オートクチュールウィークは、いつもより静かなまま終了した。デザイナー交代劇の端境期にあるブランドは参加を見送ったり、見せてもデザインチームによるコレクションであったりして...



25年春卒業予定者のファッション意識調査 好きなブランド、尊敬するデザイナーは?

2024/06/25

 「ファッション意識調査」では、好きなブランドで「ヴィヴィアン・ウエストウッド」が2年連続で1位。よく買うブランドでは「ザラ」が21年以来の1位を獲得した。よく買う場所、よく買う店では「古着店」が得票を増やし、ネッ...



リユースショップ「ミックスシンクス」、原宿にオープン

2024/06/18

 ミックスシンクス(東京、久秋貞雄代表取締役社長)は6月18日、ラグジュアリーキュレーションストア「ミックスシンクス」の東京・原宿店とオンラインストアを開いた。店は約500平方メートル。「エルメス」や「シャネル」な...



シャネル、23年決算は増収増益 全カテゴリーで2ケタの成長

2024/06/10

 【パリ=松井孝予通信員】シャネルの23年決算は、売上高が前年比15%増の197億ドル、純利益は47億ドルで3年連続増収増益となった。【関連記事】シャネルのヴィルジニー・ヴィアール退任 レザーグッズ、ビューティーを...



シャネルのヴィルジニー・ヴィアール退任

2024/06/07

 【パリ=松井孝予通信員】シャネルは、アーティスティックディレクター(AD)のヴィルジニー・ヴィアールの退任を発表した。ヴィアールは、6月25日にオペラ・ガルニエ座で発表するオートクチュール24~25年秋冬を最後に...



25年クルーズコレクション キーワードは「自由」や「太陽」

2024/05/29

 主要ラグジュアリーブランドは5月、各地で25年クルーズコレクションを発表した。メインコレクション以上にブランドの哲学や手仕事の技が盛り込まれるコレクション。毎年、セレクトされる都市や建築物も注目される。今回は自由...



25年春開業の新広島駅ビル 商業施設名は「ミナモア」に 

2024/05/23

 JR西日本と中国SC開発は5月23日、25年春に開業する新広島駅ビルの商業施設名称を「minamoa」(ミナモア)にすると発表した。フロア・テナント構成などは今後、発表する。来春に、ミナモアの一部になる既存駅施設...



島根・松江と鳥取・米子の商業施設 “一畑の資産”めぐり動く

2024/04/24

 島根県唯一の百貨店だった一畑百貨店(松江市)が1月14日、65年の歴史に幕を下ろした。隣県の鳥取県米子市を含め、同店の顧客や取引先の獲得を狙いに周辺施設が動き出している。加えて、コロナ禍が落ち着いたこともあり、地...



米子高島屋、24年度9億円の増収見込む 松江や出雲の客を取り込み

2024/04/19

 米子高島屋(鳥取県米子市)は24年度(25年2月期)、総額売上高が前期比20%以上の大幅増収となる約49億円、営業損益の黒字化を計画している。24年1月末に閉店した一畑百貨店(松江市)の顧客の獲得と利用増を見込ん...



24~25年秋冬トレンド解説 ⑤70年代ノスタルジア 久々に出てきた注目株

2024/04/17

 70年代を背景とするノスタルジックなスタイルは、24~25年秋冬の有力トレンドの一つとして期待されている。継続トレンドが多いなか、久々に出てきた注目株。各地のファッションウィークで、有力ブランドが提案した。シアリ...



リユースのベクトル、渋谷にセレクト型の新業態 大人客とインバウンドに照準

2024/04/16

 ファッションリユースの買い取り・販売のベクトル(東京、村川智博社長)は4月19日、東京・渋谷にリユースのセレクトショップ「ザ・センス」渋谷神南店をオープンする。保有する約100万点からハイエンド商品を厳選、渋谷に...



リアルクローズのディレクター&デザイナー 私たちが考える24~25年秋冬

2024/04/05

 グランジやレザーのエイジング加工が新たにキーワードとして浮上している。これらのビンテージ感があるハードなアイテムと、フェミニンなアイテムをミックスするスタイリングに注目している店が多い。「70年代ノスタルジック」...