Barbour


概要

バブアー(Barbour)はイギリスのアウトドア・ライフスタイルブランド。

コットンに防水性のワックスを浸み込ませたワックスドクロス(オイルドクロス)製のアウターがブランドのアイコンである。本国イギリスを代表するアウトドアブランドだが、タウンユースのファッションブランドとしての認知度も高い。

歴史

バブアー(Barbour)は1894年にジョン・バブアーによって設立されたブランド。創業はイングランド北東部のサウスシールドで、北海の不順な天候の下で働く水夫や漁師、港湾労働者に向けて、コットンに防水性のワックスを浸み込ませたワックスドクロス(オイルドクロス)を提供したのがブランドの始まり。

ワックスドクロス(オイルドクロス)を使用した防水ジャケットは、第一次、第二次世界大戦中には防水服として英国軍に供給されるなど、耐久性も高く、バブア―のブランドの知名度は急速に広まった。

1936年には、オイルドコットン製のライダースジャケット「インターナショナルジャケット」を発表。数々のレーサーや俳優のスティーブ・マックイーンなどが着用し、ライダースジャケットの代名詞となった。

1970年代に入ると、ハンティング、フィッシング、乗馬といったイギリスの伝統的なアクティビティにもリンクし、国を代表するブランドに成長した。現在はアウトドアにとどまらず、タウンユースで着用されることも多い。

日本では八木通商グループのスープリームスインコーポレーテッドが輸入販売しており、セレクトショップだけでなく、直営店での販売も強めている。元々はメンズを強みとしていたが、現在ではレディスでの認知度も高まっている。

2017年度の日本での売り上げ(小売りベース)は約30億円まで拡大している。

(2019年1月現在)

Barbourのブランド情報

カテゴリー総合
イギリス
URLhttps://www.japan.barbour.com/

Barbourに関連する記事

マッシュスタイルラボ、伊ラゲージ「FPM」を独占輸入販売

2024/05/27

 マッシュスタイルラボは、伊藤忠商事と協業し、伊のラゲージブランド「ファブリカ・ペレッテリエ・ミラノ」(FPM)の日本市場での独占輸入販売を行う。25年春夏から販売を開始する。 マッシュスタイルラボと伊藤忠が組むの...



《ジーンズカジュアル定店観測2月》春物の動きが早く好調

2024/02/16

 ジーンズカジュアル専門店の2月11日の定店観測は、全国的に好天に恵まれ、大半の店が前年の売り上げを上回った。好調要因は春物商品の動きの良さ。継続してジーンズ、Gジャンも好調で、インバウンド(訪日外国人)客による購...



《ジーンズカジュアル定店観測1月》デニムアイテムが好感触

2024/01/19

 ジーンズカジュアル専門店の1月14日の定店観測は、伸び悩んだ店もあったものの、アウターが中心に動いた。初売りから一段落したが、暖冬による遅れを巻き返したい店が多い。一方で、新作をはじめとしたジーンズやGジャンなど...



【軌跡】《マッシュグループが歩んだ25年㊦》人の幸せへ発想を形にし続ける

2023/11/27

 経験ゼロからファッション事業を始めた近藤広幸は「何より大事なのはコンセプトだ」との確信を深めていた。前年踏襲や誰かの後追いは売れなくなったら終わりだ。だが「誰に何を提供して喜んでもらうか」を起点にしていれば、それ...



《ジーンズカジュアル定店観測11月》アウター全般動き出す ウォーム感あるパンツも

2023/11/17

 ジーンズカジュアル専門店の11月12日の定店観測は、週末に気温が下がったことで、アウターの売れ行きが加速した。ボトムも早いところではウォーム感のあるパンツが動き始めている。【関連記事】《ジーンズカジュアル定店観測...



専門店メンズ11月の売り場観測 気温に合わせ、セーターにベスト

2023/11/14

 例年より2カ月遅れてしまったアウターの稼働を上げたい。とはいえ、月初はまだ気温が高い日もあるためショート丈のブルゾンやダウン、中わたのベストを提案の軸に据える店が多い。「バブアー」など若年層に人気の広がっているア...



マッシュホールディングス近藤社長「創造力と生活想像する力が重要」 「ジェラートピケ」は300億円に成長

2023/11/14

 「円安の影響が広がっているが、コスト上昇をそのまま価格に転嫁するのはナンセンス」。そう話すのは、マッシュホールディングス(HD)の近藤広幸社長だ。「値上げに見合う価値を提供する努力はもちろんだが、平均収入やファッ...



《ジーンズカジュアル定店観測10月》気温低下で高単価アウター動く NBジーンズ伸び

2023/10/20

 ジーンズカジュアル専門店の10月15日定店観測は、気温の低下の影響で、秋物やアウター類が動き出し、前年同月の売り上げを上回る店が多かった。ジーンズも引き続き好調で、国産の高単価商品に加え、NBの中価格帯も販売数が...



京都市中心部、出店や戦略改装相次ぐ 戻るインバウンドにも照準 世界に向けブランド発信も

2023/10/11

 京都市の四条通周辺をはじめとした中心部で、ファッション小売店やSCの新規オープン、百貨店の戦略改装が続いている。コロナ前のようにインバウンド(訪日外国人)が戻りつつあり、街がにぎわう中、拡大が期待される需要を狙う...



専門店メンズ10月の売り場観測 軽い羽織り+スウェットが気分

2023/10/11

 前月末からようやく秋物に手を伸ばす客が増え始めた。売り逃した長袖のシャツやセーター、スウェットシャツなどのトップに秋アウターを合わせる提案が目立つ。西日本ではGジャン、東京では00年代のアウトドアブランドっぽい中...



ルミネ新宿の衣料品好調 「今」「ここ」「私」だけの仕掛けで来店促す

2023/10/02

 ルミネ新宿の売上高がコロナ禍前の水準に近づいてきた。ショップと連携した独自の新提案の強化が実り、高感度なレディスブランドなど衣料品が好調だ。4~8月の全館売上高は前年同期比15%増で、年間売上高が過去最高だった1...



ロンドン・ファッションウィーク・セプテンバー2023 JWアンダーソンは一瞬の動きとらえた新フォルムを追求

2023/09/20

 【ロンドン=青木規子】24年春夏の新作を揃えたロンドン・ファッションウィーク・セプテンバー2023は、エレガントなラインを描くフェミニンなドレススタイルが広がっている。Aラインにフィット・アンド・フレア、シースラ...