Lightning Bolt


Medium %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%88

概要

ライトニングボルト(Lightning Bolt)は、ハワイ発祥のサーフブランド。稲妻マークがシンボル。日本では、伊藤忠商事とヤマトインターナショナルが共同で商標権を保有している。

2019年春夏からは、新ラインとしてワンランク上のカジュアルウェア「ライトニングボルトブラックレーベル」をローンチ。RHCロンハーマンで限定販売している。ライトニングボルトブラックレーベルは、1970~1980年代のサーファーやスケーターの不良感、挑発的かつ色気のあるユースカルチャーをベースに、現代の洗練されたデザインに落とし込んでいる。

歴史

ライトニングボルト(Lightning Bolt)は、1960年代にハワイで誕生したブランド。伝説のサーファー、ジェリー・ロペス(Gerry Lopez)と仲間達が、稲妻のマークを付けたサーフボードの製造・販売を始めたのがきっかけ。ブランドの実質的なデビューは1971年で、ノースショアでのジェリー・ロペスのサーフィン技術とともに世界に認知された。

その後ジェリー・ロペスが1978年に出演したサーフィン映画「ビッグウェンズデー」が大ヒットしたことで、ライトニングボルトの人気も不動のものとなった。

2008年には伊藤忠商事がマスターライセンス権を取得。メンズカジュアルウェアを中心に展開してきたが、2018年に伊藤忠商事とヤマトインターナショナルが国内における商標権を共同保有することになった。伊藤忠商事とヤマトインターナショナルは協業により、ブランド価値の向上の一環として「ライトニングボルトブラックレーベル」をデビューさせた。

(2019年3月現在)

Lightning Boltのブランド情報

カテゴリースポーツ
アメリカ
URLhttps://lightning-bolt.jp/

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

Lightning Boltに関連する記事

Medium %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%ac%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b919%e5%b9%b4%e6%98%a5%e5%a4%8fimg 4322

ヤマトインター、新ブランドで顧客拡大 海外も開拓

2018/12/19

 ヤマトインターナショナルは今期(19年8月期)、「シテラ」「ペンフィールド」など新規ブランドを中心に「新たな価値・つながり方」を提供することで、さらなるファンの拡大を目指す。ウェブマーケティングを強化するなどEC...



Btn gotop