繊研新聞からのお知らせ

《6月の紙面のお知らせ》AI活用のポイント

2019/05/30 00:00

〈総合面〉

 ◆1面では、物作りの大詰めを迎える19~20年秋冬コート商戦を予測するほか、インバウンド(訪日外国人)需要で注目される百貨店の特選売り場や再開発の進む東京・池袋の模様をまとめます。また、素材・商社・製造面と連動して、縫製関連機器の見本市テックスプロセスに見る革新技術について連載します。

〈知・トレンド面〉

 ◆「入門講座」で新連載が始まります。アパレルがAI(人工知能)活用で成功するためのポイントを、アベジャの小売り流通分野の事業責任者である伊藤久之さんにご執筆いただきますので、ご期待ください。このほか、新たな高機能素材の開発について、独フランクフルトの見本市テクテキスタイル報告とともに解説します。

〈企画面〉

 ◆「センケンコミュニティー」は、東京で開かれる「ミャンマー祭り2019」をリポートします。繊維製品の縫製地としても期待されるミャンマーの人々の声や文化をお伝えします。

〈トレンド面〉

 ◆ロンドン、フィレンツェ、ミラノ、パリと続く、20年春夏メンズデザイナーコレクションを速報します。

繊研新聞社

Btn gotop