パリコレ周遊記その3(五十君花実)

2013/10/05 00:00 更新


Medium %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8906

…パリのファッション・ウィークがやっと終わりました。

日々、「時よ早く過ぎ去れ」と呪いのように念じていましたので、

ようやく、、、という思いです。

といっても9日間だけなんですけどね。

ウィークは終わりましたが、我々はまだパリにおります。

こちらでトレンド傾向のまとめとか写真の整理とかを行い、

終わらせてから帰国するのです。

というわけで、本日はこの後晩まで延々と写真を選別する作業です。

これもこれでやだな…。。

さて、今回は本紙紙面では紹介しきれなかったパリコレこぼれネタをご紹介します。

ビッグメゾンのショーだけパリコレの醍醐味ではありません。

まだあまり知られていない新進ブランドのプレゼンテーションでも、時々とっても素敵なものに出合います。

(全く素敵じゃないものの方が勿論多いけど)

ベルギーの「ジャンポール・レスパニャール」もそんな素敵なブランドの一つです。

私この人のプレゼン何シーズンか前から見ているのですが、

回を重ねるごとにどんどん良くなっており、

今回はとうとうヘラルドトリビューンのスージー・メンケス女史が会場でデザイナーにインタビューしてました。

 

で、そんな注目なプレゼンですが、

会場に入るとまず書き割りが置いてあるわけです。

…えっ。。

 


 

で、奥の部屋はパーティースペースでして、

そこで書き割りのルックそのままの格好のモデルさんたちがシャンパン片手に楽しくやってました。

 




 

この人の服色々不思議なんです。

お札パロディプリントのタオルを巻きスカートやターバンにしていたり、カクテルがこぼれたような柄(?)のプリントがあったり。

不思議なんですが、でもなんか可愛いんですよね。

雑貨になると更に不思議感が増します。



 

貝殻のヘッドホンとか。

(波の音が聞こえるのだろうか。。)


 

 

ビジュー付きの健康サンダルとか。

まーこれは普通に可愛いですね。

前シーズンは、ランタンをバッグにしてたり、モトクロスバイクのヘルメットを抱えてたりしました。

そんな不思議に可愛いブランドですが、

ラファイエット(パリにおける伊勢丹的存在)に入ってました。

ケンゾーの横の横の横くらいに。

というわけで要チェケラです!!

日本のバイヤーさんもプレゼン見に来てたので、日本のお店でもたくさん見るようになる日も近いのかもしれません。

 

ではでは!!

以上!!!!



五十君花実 特技=ミーハーな記者・五十君がお届けする業界のよもやま話。パリコレから東コレ、ストリート、地方のおもしろショップまで、ニュースあるところに五十君あり!!…というスタンスが理想です

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop