IFFは苦悩しつつも前を見ています(五十君花実)

2016/09/26 00:00 更新


Medium %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901

先週金曜に伊勢丹リスタイルの20周年イベントにお邪魔した際、シークレットゲストがglobeのマーク・パンサーさん(←イベントのコンセプトが“90年代”だったから)で、

マークの動画をSNSにアップしたところマーク本人にリツイートされ、大変気分がアガった五十君です、こんばんは。

楽しいイベント、どうもありがとうございました。

誰か小室哲哉縛りで青春カラオケいきませんか。



パークマンサー(from学校へ行こう)じゃないよ、本物のマークパンサーだよ

 

そんな楽しい週末は過ぎ去り、明日(もう今日だけど)は再び月曜日…!!

明日9月26日といえば…

…木根尚登さんの誕生日です(小室さんつながりで)!!!

…ではなく!!!

繊研新聞社主催の合同展『JFW-IFF』の開幕日でございます~~。

9月26日~28日 10時~18時 @東京ビッグサイト

でやっておりますので、皆さまお誘いあわせの上是非是非ご来場くださいませ!!!!!



IFF前回展より。こういう国産アイテムの実演ブースなどもIFFの見どころです

 

IFFは今回で34回目の開催です。(年2回やってます)

皆さまご存知の通り、正直、大規模合同展示会というビジネスモデルって曲がり角にきております。

(曲がり角すら越えてるだろ…?という厳しい見方もあると思います)

IFFはもちろんその筆頭なんですが、国内外の大きい展示会が、みな同様な状況ではないのかな~と。

トラノイとかプルミエールクラスとかの仏の大型展も、(ここ最近は行ってないのでテキトーなこと言えないですが)行ってる人に聞く限り、かつてのような盛り上がりではないようです

欧州の情勢がこの間ずっと不安定なのに加え、欧州よりはマシだったはずの米国市場までメイシーズとか大型リテイラーの大量閉店があり、

ここにきて「え…景気がいい地域が地球上に存在しなくない?私が知らないだけでどっかに桃源郷があるのか?」的状況になってますから、全世界的に合同展というものが盛り上がらんのも必然と言えば必然です。

ただ、そうした外的な環境要因だけでなく、弊社の努力不足で業界のニーズに沿えていないからIFFが曲がり角にきている、という部分は非常に大きいです。

これについては社をあげて反省しきりです。

というわけで、苦悩しつつもなんとか前進して、業界のお役に立つ展示会となるべく、IFFはこの間もがいております。

具体的には、 

出展者にとってより商売につながる展示会となるべく、有力店バイヤーに1対1で商品をプレゼンできる“個別商談会”の数を一気に増やしたり、

来場者が増えるように業界の注目人物のセミナーを会場内で多数行ってみたり、

そもそもの開催スケジュールを変えてみたり…等々。

実際やってみて手応えのあったもの、無かったもの色々ありますが、とにかく前進するためにはチャレンジあるのみ。

で、34回目となる今回のチャレンジとしては、外部からディレクターを招いて、入口すぐの重要な場所に新ゾーンを作りました。

ゾーン名は「JFW-IFFマジック・ジャパン・プレビュー/ホーム・オブ・ベター・テイスト」です。…長いよね~私も長いと思う~。

ディレクターは、トゥモローランドやビームスで販売しているソックスブランド、「アヤメ」のデザイナー、阿賀岡恵さんにお願いしました。



阿賀岡さん@代々木公園のアトリエ。アヤメのソックスはカラフルな色柄が魅力です

 

阿賀岡さんは、ご自身もデザイナーとして国内外の合同展出展経験が豊富で、「こういう展示会だったら出展者は嬉しいのに!」「こんな展示会ならお客として行きたい!」といったアイデアを実体験として多数お持ちです。

そして何より、自分&ブランドが育ってきたフィールドである合同展というものや、ファッションビジネスに並々ならぬ愛がある。

仕事って、つまるところ人と人とが向き合ってエモーションを動かしていくものなので、最終的には愛とかパッションがある人が何よりも強いよなって、思うんです。

ミーハーな著名人にゾーンのディレクションをお願いするというやり方もあったと思いますし、そっちの方が分かりやすく集客の切り札となったかもしれませんが(阿賀岡さん、こんな失礼な言い方してごめんなさい)、

一番愛がある人にお願いしよう!となると、それは繊研的な視点からいくと阿賀岡さんでした。

阿賀岡さんのパッションがいかほどかは、彼女自身のブログを読むのが一番分かりやすいと思うので、是非ご一読くださいませ。

阿賀岡さんの愛とパッションによって、

ミハラヤスヒロ・インビジブルコレクション(炙り出しのレザーグッズライン)

スロウガン

エンハーモニック・タヴァーン

泣く子も黙るスカジャンの老舗、テーラー東洋

プロテカ

などなど、素敵なブランドさんに同ゾーンに出ていただけることになりました。

出展いただいたブランドさん、そして出展を検討してくださったブランドさんも、本当にありがとうございます!!

あと、今回はアヤメの卸先を中心に、海外バイヤーの招聘もかなり力を入れて行っています。

セルフリッジに英ハーベイニコルズ、アーバンアウトフィッターズ、コンテントストア、韓国ブーンザショップ、韓国コルソコモ…等々、素敵なお店ばかり!!!

IFFに出展いただくからには、是非有力店とのビジネスのきっかけを掴んでいただきたい!!

との考えから、阿賀岡さんの腕力…じゃなくて愛で、有力店のバイヤーさんに多数来ていただきました。

海外に売っていこうとする日本の素敵なブランドにとって、IFFが有益な場になれば、と願っております。

というわけで、前進すべくもがいているIFFに、皆さまお誘い合わせの上ご来場いただけますと大変嬉しいです。

阿賀岡さんの愛を是非会場で感じてください!!!

もちろんまだまだ繊研の努力が足りていない部分は多数あります。そういうところも、是非会場でご指摘くださいませ。私もおります~~

そして、今回もセミナーが面白いので、それ目当てでも是非ご来場ください!



前回IFFでの、JUN佐々木社長のセミナーから。立ち見多数で大盛況でございました!
どうもありがとうございます


私的に注目なのは、CSR先進企業として知られるパタゴニア日本支社長が語る、「パタゴニアが考える企業の社会的責任とは」(27日11時~)

と、

スタイラー小関社長などのファッションテックベンチャー代表と、アパレル小売り大手幹部などが登壇する「ファッション×ITの新潮流」(28日14時半~)

でございます!!!

諸々詳細はこちらのHPをご参照くださいませ!

というわけで、会場でお待ちしてます!!!!



五十君花実 特技=ミーハーな記者・五十君がお届けする業界のよもやま話。パリコレから東コレ、ストリート、地方のおもしろショップまで、ニュースあるところに五十君あり!!…というスタンスが理想です

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop