正月に激しく名古屋に嫉妬した話(五十君花実)

2016/01/21 00:00 更新


Medium %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901

お正月に、地元・名古屋(すみません盛りました。本当の地元は名古屋近郊の街、小牧です。名古屋出身と名乗ると、本当に名古屋市内出身のマイボス小笠原にdisられます)に帰省した際、非常に驚きました。

名古屋の街全体から溢れ出す好景気ムードに。

東京、それも消費不振にあえぐファッション業界の中で暮らしていると、2015年は本当に暗いニュースが多い一年で、明るい話題と言えば中国人観光客の皆さまによる爆買いくらいしかなかった印象。

アベノミクスとか言われても、「は?何それ?新種のスイーツか何かですか?」って感じですよ。

…しかし!

そんな重々しさとは真逆の空気が、東京駅から新幹線で1時間半の街、名古屋には漂いまくっていました。

考えてみると、名古屋(というか愛知県)はトヨタを頂点としたメーカーのピラミッド構造によってほぼ全ての経済が成り立っているといっても過言では無いので、アベノミクスによる円安の恩恵を県全体が享受しまくっているわけです。そりゃ街も明るくなるよねー。

好景気は街の至るところから感じられたんですが、その最たる例が名駅(名古屋駅)地域の大規模再開発です。「こんなにビル建ててどうすんの…?」と言いたくなるくらい(域外人のねたみ、そねみ含む)、彼の地は今、開発のドライブがかかりまくっています。

目ぼしいものだけでも、

大名古屋ビルヂング(16年3月開業予定)

イセタンハウスが入る

JPタワー(15年11月完工)

※商業施設キッテが入る

JRゲートタワー(17年4月開業予定)

※既に名駅のツインタワーに入居しているJR名古屋高島屋が、こちらのビルにも入る。あとはビックカメラとかが入る

といった具合に、実にキラキラ☆な開発案件が相次いでおります。これ以外にも、16年6月に三井ガーデンホテルが入るビルができたり、名鉄(名古屋鉄道)の駅ビル&レジャー施設等の建て直しなども続く模様。

これらの開発の中で、ファッション業界的に注目なのは、なんと言っても伊勢丹の中小型業態、イセタンハウスの名古屋進出でしょう。

先日の内見会@新宿伊勢丹で、名古屋の売り場構成は、リ・スタイル(モード服の編集売り場)とレディフォアザウィークエンド(雑誌『VERY』ママ狙いの売り場)が核になると聞きました。



内見会のイセタンハウスのブース(15年12月)


モード不毛の地・名古屋(ラグジュアリーブランドはもちろん軒並み揃っているんだけど、地域性ゆえにどうしてもモードというよりコンサバな切り口になってしまいがちなので。悪しからず)に、果たしてモードが根付くのか…!?

そして、目と鼻の先の距離での伊勢丹VS.高島屋のガチンコ対決(面積で言うと断然高島屋が大きいので、単純比較は無論できませんが)の行方は…!!?

というわけで、今春は名駅の商業事情から目が離せません!

ちなみにVERYママ売り場は、言うまでもなく音速で、いや光速であの街になじみそう。

上記のような再開発ラッシュだけでなく、名古屋には

・16年5月の伊勢志摩サミット開催

・15年の三菱重工(正しくは名古屋が本社の三菱航空機)によるMRJ(国産旅客機)の試験飛行成功

・2027年のリニア中央新幹線の開通

といった話題もあるようでして。

正月に実家で一般紙の地方版や名古屋発のニュース番組を見ていると、ほぼこれらのネタがどこかで取り上げられておりました。

いやー、伊勢志摩サミットとか、正直、東京人は「いつだっけ?そういやそういうもんもあったね」レベルが平均、もしくは「テロ対策は万全なのか…!?」的な意味で注目しているかのどちらかだと思うんですけど、彼の地では、もちろん経済効果的な意味で注目を集めておりました。

各国首脳を迎えるために、セントレア(中部国際空港)も改修したそうですよ。これまた地元経済が潤う~。

名古屋が今どれほど浮かれているかということは、実家にあった15年11月28日付けの読売新聞名古屋版(東海版?)のこの土曜特集(その名も“でらサタ”)からお感じいただきたい。

写真の上に“日本最大級”“中部最大”“一番”といった、実に景気の良い文字が躍っております。



実家に取ってあった新聞なのでシワシワですみません

 

というわけで、なんか同じ日本なのに、名古屋と東京で景況感全く違うわ、ということをまざまざと感じ、激しくジェラスした2016年正月の思い出でした。

こうなったら名古屋支社への転勤届でも出してやろうかしら!

…悔しいから絶対出さない!!!

ふるさとは、遠きにありて思ふもの…!!!by室生犀星

それにしても、“大名古屋ビルヂング”というネーミング(旧ビルができた1965年当時からこの名前)は、地元出身者であっても「…ス、スゴイな。。」と思います。

いやはや、名古屋人の中華思想の根深さよ。

故郷を愛するが故、その裏返しとして名古屋disがいたる所からはみ出しまくった文章になってしまいました。

名古屋の皆さんごめんなさい(きゃぴ)



ひつまぶしは正義!!



五十君花実 特技=ミーハーな記者・五十君がお届けする業界のよもやま話。パリコレから東コレ、ストリート、地方のおもしろショップまで、ニュースあるところに五十君あり!!…というスタンスが理想です

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop