ファッション×テクノロジー=未来?(五十君花実)

2014/09/13 00:00 更新


Medium %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901

こんにちは、このたび発表されたアップルウォッチの詳細を聞き、「え…これだけ!?」と強く思った五十君です。だってアイフォンが小型化して腕に巻けるようになっただけじゃん…? もっとすごいことができるのかと思った。

テック系の人や媒体が書いたアップルウォッチレビューはおびただしい数がありますが、ファッション系の人のはないのかな~と思っていたところ、見つけました。ファッションジャーナリスト界のゴッドマザー、スージー・メンケス御大@VOGUEによるレビューを。

サイトより一部を引用すると、「私はファッションの世界がこの賢い時計を受け入れるかどうかまだ分からない」ということでした。

「ファッション的視点から見て、アップルウォッチの造形は中立的。すごくスタイリッシュでもないけど、かっこ悪いわけでもない。美を愛する人よりも、オタクたちがこのアイテムを愛すると思います。とはいえ、スマホは既にファッションの世界を変容させてきました。電話とコンピューターは、ファッションをみんなのものにしてきたのです」とも(訳が間違ってたらすみません)。

さてさて。アイウォッチやグーグルグラスなどのウェアラブル端末が続々と開発され、「ファッション×テクノロジー」の話題が業界のホットトピックとなっております。雑誌のWIREDの9月10日発売号のタイトルが「ファッションはテクノロジーを求めている」、日経MJの9月5日付け1面が「ハイテク×おしゃれ融合」でした。

繊研もそうした動きは逃さず、8月19日から「未来のかたち」という連載を行っておりました。WEBにもあげているので読んでね。

連載1回目 新しい技術で作る新しい価値

連載2回目 アンリアレイジ森永邦彦に聞く

連載3回目 マッドスネイル藤本有輝に聞く

連載4回目 グリッチ刺繍のヌケメに聞く

この連載の取材を通してすごく共感した言葉に、「別に機能的で便利なものが作りたいわけじゃない」(森永さん)、「僕のもの作りは、スマートウォッチやスマートグラスみたいに便利さを追求するそれとは違う」(藤本さん)というものがあります。

ファッションで一番大事なことって、きれいとか美しいとかカッコいいとか可愛いとか、あとは着たらモテるとか、そういう人間の感覚をゆさぶる要素だと思います(ヒートテック以降、感覚的要素でなく機能にフォーカスした衣服も増えてはいますが、あれってファッションというより肌着とか日常品の話ですよね)。

一方で、テクノロジーって、えてして「より便利にする」っていう要素が進化を促すものだと思います。今回発表されたアップルウォッチも、単にスマホより「便利なもの」です。スージー御大も言っているように、見た目がすごい美しいというわけじゃない。この、「きれい! 美しい!」的価値観と、「もっと便利に!」な価値観って、全く異なるものですよね。

ファッション×テクノロジーの試みでは、美的価値観をアップデートするためにテクノロジーが使われた時に、初めて意味を持つんだと思います。テクノロジーを取り入れることで、新しい美しさを見つけ出す試みと言いますか。逆に言うと、単に便利なだけじゃファッション的には意味ないんですよね(もちろん、機能的であることが美しいという考えも大昔からファッションにはあるけれど)。

こういう「ファッションの真髄は便利さではない!美しいかどうか、着て心が動くかどうかだ!!」という我々のドグマ(?)を、果たしてテクノロジー側の人々は分かってくれるのだろうか…。そこには深い溝があるのでは…。とか色々考えていたんですが、我々の心の機微を分かろうとしてくれているテクノロジー側の人たちに早くも出会いました。

電子ペーパーを布として使って、ファッションで新しいことがしたいと考えているエンジニア集団のFESさんです(電子ペーパーとは、通常はキンドルとかの電子書籍リーダー端末に使われるものだそうです)。

FESさんは、プロジェクト第一弾として、電子ペーパーで腕時計を作成してクラウドファンディングで出資を募っていらっしゃいます。詳しくはこの11日付け弊紙1面を読んでね。



私も腕に付けてみました。ベルトがゆるゆるに見えますが、実際は調整できるそうです 

腕の動きに合わせて、色柄が24通りに変わるのです。楽しい。写真ブレててすみません


ゴリゴリな技術畑出身の方たちでしたが、「我々は技術をファッション性を高めるためとか、身に付ける喜びを感じるために使いたい。腕時計というアイテムを選んだのも、一般的なスマートウォッチのような便利さの追求とは違うことがしたいっていうことを表明したかったから」とおっしゃっていて、あ~私たちファッション側の人間が求めていることと感覚が近いな~と思った次第です。今後はデザイナーさんやブランドとのコラボも計画しているようですよ。要チェック!

というわけで、五十君は今後もファッション×テクノロジーのネタを追っておりますので、何かそれっぽいイベントなりアイテムローンチなりあったら是非お知らせくださいませ!取材に伺います!!

以上!!

 

【関連記事】

なぜ、いまサンフランシスコか



五十君花実 特技=ミーハーな記者・五十君がお届けする業界のよもやま話。パリコレから東コレ、ストリート、地方のおもしろショップまで、ニュースあるところに五十君あり!!…というスタンスが理想です

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop