60年代トレンドは90年代から??(五十君花実)

2014/04/10 00:00 更新


Medium %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8902

14〜15年秋冬のトレンドの一つに、「60年代調」があります。繊研新聞がトレンドテーマとして定めた用語を使うなら、“クリーン60’s”ですね(くわしくは4月8日付け最終面を見てね)。

代表的なのはグッチのミニマルな60年代スタイル。

 


写真=大原広和

 

他にも、ディレクターがニコラ・ジェスキエールに代わったルイ・ヴィトンやサンローラン、カルヴェンなどのパワーブランドがシックスティーズを出しておりましたよ。60年代は秋冬の要注目キーワードなわけです。

東京コレクションでも、60年代調は少ないながらも出ておりました。

 


写真=加茂ヒロユキ


モトナリオノのこのドレスとか、ちょっとそんな感じですね。

ビューティフルピープルはビートルズのルーフトップコンサートからイメージを膨らませたショーでした。そのコンサートがあったのが69年らしいので、これも60年代に含んで良いと思います。

こんなふうにトレンドとなっている60年代調ですが、私自身はこれらのスタイルから、60年代調というよりも何か別の印象を受けるのです。

なんだろう、なんかこういうの私見たことある、なんだっけ…

と記憶を反芻しまくった結果、私は気付きました。これって90年代に日本で流行っていたファッションなのではないかと。

恐らく96〜97年頃だと思います。安室ちゃんを筆頭としたギャルの皆さんって、みんなトラペーズラインのミニドレスとかミニスカートを着て、足元は厚底のロングブーツだったのではないでしょうか。

それってまさにシックスティーズ!どうやら私の中では、60年代は90年代のイメージとリンクしてインプットされているようです。

そういう風に考えてみると、今回トレンドとしていきなり60年代が浮上してきたのも、90年代という素地があったからなのかな〜と思ったり。

ご存知の通り、90年代のムードは昨年から続く大きなトレンドのうねりです。ただ、この間取り上げられている90年代感は、スケーターとかスポーツテイストとかグラフィティーといった要素でした。

それとはまた違った方面からの90年代の解釈として、60年代という切り口が出てきたのかも!

そういえば、ビューティフルピープルが今回のショーで配ってたリリースにも、「69年をひっくり返して96年に…。90年代の要素も少し入れました」といった文言がありました(すみません、そのリリースが今手元に無いので正確な文面ではないです)。

ただ、日本国内のアムラーたちが90年代に60年代っぽい格好をしていたことは強く覚えているんですが、果たして世界的な流れとして90年代に60年代のムードがあったのかどうかは何とも言えません…。

当時を知る上司も、「あの頃のギャルたちの格好って、ワールドトレンドとはあんまりリンクしてなかったと思うよ…」と言っていたし…。

ぎゃぼーーー。。

でも、90年代後半に映画のオースティンパワーズ(60年代調ファッションがキュートなおバカムービー)が世界中で流行りまくっていたことを考えると、90年代に60年代ムードのリバイバルがあったという推論もあながち間違ってはいないと思うんですよ!!

…とまあ、果たしてこの突然浮上してきた60年代調が本当に90年代と関係しているのか結局よく分かりませんが、今朝ニュースで見た「英国のキャサリン妃がジョージ王子を連れてニュージーランドを外遊☆」の映像で、キャサリン妃が60年代調の真っ赤なコートドレスを着ておられましたので、60年代調は結構本気で街で流行るような気がしています!!だってキャサリン妃は世界のトレンドセッターですもの!!!

というわけで、キャサリン妃のコートドレス(英国のキャサリン・ウォーカーっていうブランドのものなんですって)がとってもエレガントで可愛い&文字通り真っ赤でパンチがあるので皆さん一度画像をググッてみてね。

(写真はこちらで

キャサリン妃やミシェルオバマ大統領夫人(先日フィリップリム着てましたね)を見ていると、海外の奥様たちは自国ファッションの打ち出しが本当に上手いわ!!! 日本も…日本も是非そんな風になって!!!!と思うのでした。

ちゃんちゃん。



五十君花実 特技=ミーハーな記者・五十君がお届けする業界のよもやま話。パリコレから東コレ、ストリート、地方のおもしろショップまで、ニュースあるところに五十君あり!!…というスタンスが理想です

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop